誤解だらけで米軍基地 (3) 本土の人々の生活と五十数機もの原発を防備するため、地理的優位性の高い場所はどこか - 「朝鮮有事、沖縄遠すぎる」

 

防衛とはとはなにか

 

英語で言われた方がわかりやすい時がある。

すなわち ディフェンス (defense) ということ。

 

何を守るかって、

第一に国民の命である。

 

よもや国民の命より

(尖閣のような) 無人島のほうが大切だとは思うまい。

 

そして国民の生命と生活を守るため、

まず防備しなければならないのは、

日本の本土に50数機もある原子力発電所だ。

 

原子力 に対する画像結果

 

まさか原発の防備より

(尖閣のような) 無人島が優先されるべきとは思うまい

 

日本の原発 に対する画像結果 

 

で、どうやってこれら50数機もある原発

あらゆる軍事的危機からまもるのかな。

 

有名になった話だが、もう一度確認しよう。

 

「原発にミサイルを撃ち込まれたら? 」山本太郎議員の質問は杞憂 | THE PAGE(ザ・ページ)

原発に弾道ミサイルが撃ち込まれたらどう対処するのか?」この疑問を「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎議員が国会で質問し、原子力規制委員会の田中俊一委員長は「そのような事態は原発の設置者に対策を求めていない」と答弁しました。

 

原発 攻撃 に対する画像結果

 

つまり、

事実上、原発にはなんの防御の用意もない (;゚Д゚)

ということだ。

 

そして IRONNA などで広く拡散された上記の記事によると、その質問は山田太郎の「杞憂」(無用の心配) であると主張する、その根拠としているものをここにあげておく

 

1. 弾道ミサイルに原発を狙えるピンポイント攻撃能力はない

 ➡ 撃っても当たらないだろうという希望的観測

 

2. 核弾頭を保有しているなら原発を狙う必要がない

 ➡ 核弾頭があるから原発は狙わないだろうという希望的観測

 

3. 原発への攻撃は戦時国際法違反となる

 ➡ 原発など重要施設は破壊しないというジュネーブ条約を守るだろうという希望的観測 

 

4. ミサイル攻撃よりテロ攻撃の危険性が高い

 ➡ より危険度が高いテロ対策の方に特化すべきだという問題すり替え

 

さんざん尖閣がー ! 尖閣がー !

大騒ぎしている一方で

原発攻撃に関する

この感動的なまでの楽観主義はなんだ !

 

ミサイル 避難 訓練 に対する画像結果

 

 

運と相手の良心にたよる

希望的観測で構成された原発防衛。

 

それで「心配は無用」というなら、

そもそも防衛は一切要ない。

 

しかも、特殊訓練をうけた元自衛官が、命を惜しまなければ一人で原発は破壊できる、とも語っている。しかもイマドキは特殊工作員がいなくともドローンがある。

(再掲)岩上安身が元陸上自衛官・末延隆成氏に直撃インタビュー!「トモダチ作戦」の裏の目的は島嶼奪還訓練だった? 「私程度の訓練を受けた者なら、一人で原発を破壊できる」 | IWJ Independent Web Journal

 

日本の原発だけではない。

 

日本の近海をうろうろとしている

米軍の原子力潜水艦原子力空母はどうだ?

 

USS Virginia

Virginia Class submarine

 

米原潜寄港 最多の65回 昨年/日本国内 背景に「アジア重視」戦略

米原子力艦の寄港情報 - 神奈川県ホームページ

 

日本の近海には想像を超える数の米軍の原子力艦が往来あるいは寄港している。また安倍政権・自民党はこうした原子力艦の特性を大いに称賛し、自衛隊にも導入したいと考えているようだ。

 

これらの動力源は内蔵する小さな原子炉であり、また、これらはまずもって機の攻撃対象だが、動きの遅いこうした原子力艦が攻撃対象となった場合はどうするのか。

 

答えは・・・

 

優れたレーダーを搭載しているので攻撃を受けないだろう、ということを前提に、

なんらの事故をも想定されてはいない 

 

なぜこんなことを言いたかったかというと、

 

まず、(日本の) 防衛学というのは

決められた碁盤の上でしかものを考えない、

 

 

ご都合主義な危機管理であって、

都合の悪いことはすべて「想定外」。

 

都合の悪いことは

何も考えてないし、

考えようともしない。

 

そして、

このご都合主義を最も端的に表すのが

沖縄の防衛上の

「地理的優位性」という神話だ。

 

 

国土防衛のために米軍基地が必要

そう主張するならば、

 

沖縄にその多くの基地を集中させることは

ほんとうに理にかなっていることなのか

 

 

防衛をメルカトル図法で考えるな。

 

弾道ミサイルは北を目指す !

 

弾道ミサイルの画像 p1_19

北朝鮮を中心とする弾道ミサイルの射程 さらに、発射実験をほとんど行うことなく弾道ミサイル開発が

http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2005/2005/html/17132100.html

登録日 : 2016-02-08 タグ : 弾道ミサイル

 

図:北朝鮮の弾道ミサイルの射程(想定) 北朝鮮の弾道ミサイルの射程(想定) 米、迎撃ミサイル14

米、迎撃ミサイル14基増強 北朝鮮の脅威でアラスカに
掲載元 : http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201303160042.html

 

自動代替テキストはありません。

http://www.news24.jp/articles/2017/07/29/04368273.html

北朝鮮が28日夜、日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。弾道ミサイルは約45分間、飛しょうした後、日本の排他的経済水域(=EEZ)内に落下したものとみられる。

 

地理的に重要だから海兵隊を置くのか?【誤解だらけの沖縄基地・3】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 

 

「地理的優位性」という神話の崩壊をみせつけた朝鮮半島問題 - 「九州が一番合理的」とマイク・モチヅキ教授 - Osprey Fuan Club

在沖海兵隊 グアム移転見直し マイク・モチヅキ氏に聞く 

九州が一番合理的 「朝鮮有事、沖縄遠すぎる」

在沖海兵隊 グアム移転見直し マイク・モチヅキ氏に聞く 九州が一番合理的 「朝鮮有事、沖縄遠すぎる」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 「日米両政府は今まで抑止力の観点から辺野古への移設計画を進めると主張してきたが、今後は危機管理、危機対応の議論がより必要だ。これまでも言われてきたが、万が一、朝鮮半島が有事になった場合、沖縄では遠すぎる

 

  海兵隊の輸送揚陸艦佐世保基地長崎県)に、戦闘機や給油機の部隊は岩国基地山口県)にある。九州で、米軍と自衛隊が共同使用できる場所を陸上に造ることが一番合理的だと思う。埋め立てでなく、既存施設も検討できる。もちろん地元は『来てほしい』と言わないだろうが、しっかり交渉して何らかの妥協を見いださなければならない。沖縄県民を納得させるより、早く実現できると思う

 

 

 

 

沖縄に基地を押しつけるため

これまで様々なレトリックが考案されてきた。

 

しかし、地理的優位性というレトリックほど、

悪意に満ちたご都合主義はない。

 

もう二度と、

沖縄に基地を押しつける口実として

地理的優位性などと言う

レ/トリックを使わせてはならない。

 

地理的優位性を説くなら、

少なくともそれは沖縄ではない !

 

 

< 夏休みの課題 >

 

<< Quiz 3 >>

さて、ここで問題です。

日本政府がよくつかう「沖縄の地理的優位性」とは
いったい何を意味しているのでしょう。

( 1 ) 攻撃ターゲットにされる軍事基地は周縁に置くほうがいい

( 2 ) 基地依存経済を振興するため米軍基地は沖縄に置くほうがいい。

( 3 ) 嫌われる施設は構造的差別下にある場所に NIMBY するのがいい。

( 4 ) 沖縄県は日本を標的とする攻撃に即座に対応できる位置にある。

 

誤解だらけで米軍基地 (2) 海兵隊は尖閣諸島を守るとか、まだそんなことを信じている人はいるのかな

在沖海兵隊尖閣諸島を守る

だから辺野古の新基地が必要だとか

まだそんな神話を信じている人がいるのかな。

 

尖閣諸島 地図 に対する画像結果

 

あるミリオタ投稿から

先日、ある中堅企業の会長と話をしていたら、ある調査結果に呆れているという。その調査によると、日本と中共尖閣で小競り合い(戦争)を始めた場合を想定すると、日本の一般女性のほぼ100%が、米国が護ってくれると信じているそうだ。どの程度信憑性のある調査か知らないが、世間知らずにも程がある。女性だけではない。男性の多くも日米安保尖閣諸島に適用されるという米国のリップサービスを信じている。日本国民の劣化度合いを見せ付けられるにつけ、暗澹たる気分になる。

 

いや、

 

尖閣諸島の監視と警備を担うのは

第11管区海上保安本部

中国海軍に対応するのは海上自衛隊だ。

 

では、有事の際には米軍基地の海兵隊は動くのか。

 

残念ながら、在沖海兵隊の多くは訓練部隊であり

有事に動ける実働部隊でもなく、またその準備もない。

 

toyokeizai.net

 

いわば工具を持っていない素人大工のようなものだ。

あるいは幽霊部隊。

 

勘違いしている人が多すぎる。

海兵隊の訓練部隊は対中国のためにいるのではない。

 

それではなぜ海兵隊は沖縄に駐留しているのか

 

① 予算もなく困窮している海兵隊が、

我々から潤沢なおもいやり予算をひきだすため、

 

② 沖縄でなんの遠慮もなく

やりたい放題の訓練を行うためだ。

 

米国のどこでこんな訓練ができるかな。

 

そして、

肝心の11管区海上保安本部といえば、

中国公船に対してというよりも、

むしろ辺野古で激しく力を振るっているようだ。

 

海保 辺野古 女性 に対する画像結果

 

女性を海に何度も沈めようとする海保、何度も助けてと叫ぶ女性。接続水域を航行する外国船に対してより、辺野古の警備のほうにその重点をあててやいませんか。

 

ほんとうに恐ろしいですな、やることが。

 

ryukyushimpo.jp

youtu.be

 

 

日米ガイドラインでは、尖閣が占領されたとしても海兵隊が出撃して取り返してくれる、という筋書きは存在しない。

ゆえに辺野古に新基地をつくり海兵隊を置きたいのはアメリカの希望ではない。もともとエアシー・バトル(ASB)構想では、有事の際に米軍は海兵隊をグアムまで後退させる、という戦略をたてている。

また米軍は、尖閣海兵隊の上陸作戦なくして奪還できると明言している。

 

普天間飛行場がなければ尖閣は取られるのか?【誤解だらけの沖縄基地・2】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

  • 昨年、延べ709隻の中国公船が接続水域を航行、延べ95隻が領海侵入
  • 警備は海保。中国海軍の監視は海自。普天間の部隊は関与していない
  • 専門家「尖閣有事への対処は空・海自衛隊と米空軍の嘉手納基地だ」

 

普天間飛行場が沖縄からなくなると、尖閣が中国に取られてしまう」

 インターネット上などで頻繁に語られる指摘だ。

 防衛省幹部の一人は「海兵隊の撤退は、海洋進出を強める中国に誤ったメッセージを送る。中国が領有権を主張する尖閣諸島が、実効支配されかねない」と同調する。

 

普天間に駐留する海兵隊は、尖閣諸島を防衛する抑止力になっているのだろうか

 中国が、尖閣周辺海域への進出を強めているのは、事実だ。海上保安庁によると、中国の公船は昨年、尖閣周辺で日本の領海に接する接続水域を延べ709隻が航行。日本領海への侵入も、延べ95隻が確認されている。

 国際社会の批判を押し切り南沙諸島で飛行場を建設するなど、中国の「力による現状変更」が表面化し、県内でも石垣市民を中心に危機感が高まっている。

 

では、尖閣を守るのは、誰なのだろうか。

 平時に周辺海域を警備する主体は、第11管区海上保安本部だ。中国海軍の航行が確認されれば、海上自衛隊が監視することもある。また、南西諸島の沿岸警備で、石垣に陸上自衛隊の配備が計画されている。

 海保関係者は「いずれにせよ普天間飛行場の部隊が監視・警戒しているとは、考えづらい」と説明する。

 

 では、仮に中国が尖閣を武力で支配しようとする有事が起きた場合は、どうか。

 「尖閣諸島は極めて小さな島の集まりだ。脅威を除去するために、兵士を上陸させる必要すらないかもしれない

 2014年4月。在日米海兵隊トップのウィスラー司令官(当時)は、米ワシントンの記者会見でこう切り出した。

 「尖閣諸島を占拠されても、奪還するよう命じられれば遂行できる」と強調しつつ、敵の部隊が島に上陸した場合でも、海と空からの攻撃だけで排除できると説明。強襲上陸作戦を実行しなくても、十分な奪還能力を発揮できるとの考えを示した。

 米側が描く尖閣奪還のシナリオに、海兵隊が必ずしも含まれているわけではないことがうかがえる。

 

 軍事ジャーナリストの神浦元彰氏も「近代戦で重要なのは、制空権と制海権尖閣有事への対処は航空・海上自衛隊と、米空軍の嘉手納基地だ」と指摘。尖閣防衛と名護市辺野古の新基地建設を結び付ける議論に、警鐘を鳴らしている。(「沖縄基地」取材班)

 

想像してみたらわかる。

なにせこんなに小さな島だ。

 強襲上陸作戦を行うまでもない、ということだ。

 

 尖閣諸島 に対する画像結果

尖閣諸島の(手前から)南小島、北小島、魚釣島=1日、朝日新聞社機から、山本壮一郎撮影

 

どれだけ小さな「島々」か想像してみてほしい。

1. 魚釣島 3.82 km2

2. 久場島 0.91 km2

3. 大正島 0.06 km2

4. 北小島 0.31 km2

5. 南小島 0.40 km2

6. 沖北岩 0.05 km2

7. 飛瀨 0.01 km2

 

尖閣防衛に辺野古新基地など関係ない !

誤解だらけで沖縄基地 (1) 沖縄はわがままなのか ? - 本土では基地問題に関する理解度が低く、感情論が先行している。

 

沖縄は「基地に対して感情的で、被害者意識が強い」あるいは「沖縄はわがままだ」などと、口々に語られるが、

本当に沖縄はわがままなのか。

 

 

 

沖縄人はどこまでわがままなんだ! - 倫理・人権 解決済 | 教えて!goo

f:id:ospreyfuanclub:20170722160106p:plain

 

まとめニュース速報(・∀・) - 「沖縄が日本であり続けるために」 | Facebook

渡辺 定男 沖縄が大変なのは分からないでもない。だが、敢えて言わせてもらおう。沖縄だけが良ければ他県はどうなってもいいのか?少なくとも先日亡くなった元、沖縄県知事の言動を考えると、そうとしか受け取れなかったね。だからあの当時は橋下徹大阪府知事が米軍に関空を貸そうか?などと言い出したんだと思う。沖縄県知事が余りにも自県のことしか考えてなかったから。旧大戦で被害を被ったのも沖縄県だけじゃない。東京大空襲では、一夜にして数十万人が犠牲になり、広島・長崎には原爆が落とされた。繰り返す。沖縄は過去も現在も大変だと思う。だが、他県民のことも考えてほしい。沖縄から米軍が撤退すればそのしわ寄せが他県に来てもいいのですか?

 

さらには、

ポストコロニアル研究が専門だという南山大学佐々木陽子氏にいたっては、那覇市役所の建物が立派なのは、基地でカネや利益を受け取っているからだという。

 

ささき ようこ - 那覇市役所すごい(ゝω・´) | Facebook

代替のカネや利益を受け取って、不利益を甘受させられることを、「植民地」とはいわない。それでは、植民地主義における強制労働、女子性搾取も含め、それらは、あたかも金品との交換であったかのような歪曲を生む。彼女たちは決してなにかの金品の贈与と交換をしたわけではない。沖縄と福島を植民地と呼ぶことは、植民地の本質を歪曲し、本質を覆い隠してしまう。

 

沖縄や福島は「代価のカネや利益を受け取って、不利益を甘受させられている」ので、被害者ズラするべきではない、といいたいのだ。

 

おいおい、奴隷貿易でも代価のカネや利益はあった。人身売買でも抑圧者は代価を払っていると主張する。そんなヘゲモニー構造の基本もすっ飛ばしてよくポストコロニアル論とか語るよな。そのものコロニアル論ではないか (爆)。

 

こちらもご覧ください ⇩

 

 自動代替テキストはありません。

 

佐々木氏によれば、沖縄は基地を押しつけられたと、今頃になっていっている、と。

 

反基地を主張するなら、日本語を捨て、「元の名前にもどし」、ヤマト資本から独立し、同化をやめて、植民地から解放されることを主張せよというのだ。

 

いや、もうこれ、

どうやったらこういう論調になりますかね。

 

頼氏は

「歴史的に基地負担を抱えてきた沖縄県民と違い、本土では基地問題に関する理解度が低く、感情論が先行している」と指摘する。

 

嘉手納基地 に対する画像結果

 

普天間基地と嘉手納基地の区別もつかないで、あるいは普天間基地辺野古新基地の違いも知らないで、いったい何が語れるというのだろう。

 

まずは学ぶことから。

 

誤解だらけの沖縄基地 (1) - 中国が近海進出 どう対抗するのか?

中国が近海進出 どう対抗するのか?【誤解だらけの沖縄基地・1】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 「こういう視点で沖縄を見たことがありますか?」

防衛省幹部の説明を基に作成した沖縄周辺の地図。一般の地図とは南北が逆で、中国から沖縄諸島がどのように見えるか強調している。
防衛省幹部の説明を基に作成した沖縄周辺の地図。一般の地図とは南北が逆で、中国から沖縄諸島がどのように見えるか強調している。

 東京・市谷の防衛省。幹部はテーブルに1枚の地図を広げ、記者に問い掛けた。一般の地図と南北が逆だ。沖縄諸島と中国南東部、台湾などが記されている。

 「中国から東シナ海は、こう見えます。彼らにとって、太平洋への進出に沖縄本島宮古、石垣のラインがいかに邪魔か。はっきり分かるでしょう」

 幹部は饒舌に語り、付け加えた。「だから、沖縄に基地が必要なんです」

 中国は、南シナ海尖閣諸島周辺などへの海洋進出を活発化させている。沖縄近海も頻繁に航行しており、本島と宮古島の間を通過し、太平洋に抜けるのが主なルートだ。防衛省が把握しているだけで、昨年12月も13日、22日、23日の3回、中国海軍の情報収集艦やフリゲート艦が本島-宮古島間を通過し、太平洋に出た。

 幹部の主張は、こうだ。

 中国軍が太平洋にアクセスする場合、必ず沖縄近海を通過する。沖縄周辺の抑止力が低下すれば、中国が海洋進出の動きを強めるのは必至だ。だから、在沖米軍基地は必要であり、普天間飛行場名護市辺野古に移設せねばならない-。

こうした見方は、一般の国民にも広がっている。

「沖縄に基地がなければ、中国の脅威をどうするんだ」「普天間が沖縄からなくなると中国が攻めてくる」。ネット上には、こんな書き込みがあふれている。

ただ、中国の脅威と普天間飛行場の存在意義は、直接、結び付くのだろうか。

 「中国の艦船や航空機の監視・警戒は、一義的に海上保安庁と海上・航空の両自衛隊の役割だ。在沖米軍でいうと海兵隊普天間飛行場ではなく、主に空軍嘉手納基地の電子偵察機や対潜哨戒機などが任に当たる」

 米軍に詳しい市民団体「リムピース」の頼和太郎編集長はこう話し、在沖海兵隊の役割は限定的との認識を示す。

 「『中国の脅威があるから普天間を沖縄に置け』と言われるが、嘉手納と普天間の違いすら認識せず、基地問題を十把ひとからげに捉える議論ではないか」

なぜ、こうした認識が独り歩きするのか。頼氏は「歴史的に基地負担を抱えてきた沖縄県民と違い、本土では基地問題に関する理解度が低く、感情論が先行している」とみる。

 沖縄側が辺野古新基地建設に反対すると、すべての米軍・自衛隊基地の撤去運動であるかのように誤解され「非現実的だ」と冷笑されることもある。

 しかし、沖縄では嘉手納基地や、空自那覇基地、第11管区海上保安本部など、中国に対処する組織の撤去運動が広がっているわけではない。現時点で県民の大半が求めているのは、

海兵隊の一基地である普天間飛行場の撤去だ。

 頼氏は「本土側は沖縄を知る努力が、沖縄側には問題の発信を続ける努力が求められる」と提起する。

 名護市辺野古の新基地建設阻止をはじめ、沖縄の基地問題が多くの誤解にさらされている。在沖米軍基地をめぐる論点を一つ一つ取り上げ、検証する。(「沖縄基地」取材班)

 

 

この夏、基地問題をまた基礎から考え直していくための投稿を続けていきたい。