わかりやすい沖縄基地問題

もっと知っておきたい沖縄のこと

那覇エアベース (Naha AB)

 

大勢の人々が行きかう沖縄の玄関、那覇空港

 

那覇空港は民間と自衛隊の軍民共用空港であるということは有名な話であるが、1本しかない滑走路をとんでもないF15の過密配備で、もう限界をとっくに通り越している。またF15の油圧トラブルの多さときたら尋常ではない。

 

f:id:ospreyfuanclub:20210820023927p:plain

F15戦闘機立ち往生 滑走路一時閉鎖 那覇空港 - 産経ニュース

 

みなさんも那覇空港自衛隊機トラブルで延々と待ちぼうけをくわされたりしたことがあるのではないだろうか。自衛隊機のガラスの破片が滑走路に飛び散った、タイヤがパンクした、油圧で緊急着陸、等々である。

 

2016年1月31日からF15が40機体制に・・・。空港の内側はまさに地獄の過密状態。

f:id:ospreyfuanclub:20210820024119p:plain

部隊の新編に伴い那覇基地は既存のF15と合わせて40機体制となるほか、人員も現在より約300人増える。戦闘機数が現在より倍増するため、空の便で沖縄を訪れる観光客や周辺住民への影響も懸念される。

那覇空自F15倍増、40機に 空港さらに過密化 - 琉球新報デジタル

 

一本だとむりがある、ということで「那覇空港滑走路増設事業」が始まったのだが、ネトーヨの言説では、辺野古の埋め立てはダメで那覇空港は埋めていいのかよ、などと騒ぎだす。当然だ。むろん埋め立てなど大反対である。なぜ埋め立てしてまで滑走路を増設しないといけないんだ !!! いったいなぜ埋め立てしなきゃいけないんだ !!! 

 

知らない者には伝えてほしい。那覇空港を埋め立てしない、簡単で唯一の解決論はこれである。沖縄の復帰後、日本からどっとやってきて小禄半島を広大に占有している自衛隊基地が撤退すれば、滑走路を増設する土地など、いくらでもある。

 

f:id:ospreyfuanclub:20210820034543p:plain

地理院タイル (標高タイル)を加工して作成

 

つまり那覇空港、それ自体が、自衛隊と米軍の基地で囲まれている、あるいは、未だ、沖縄の玄関口は軍に占有されている。いざとなれば、民間人は放り投げてでも、軍事施設として使用される可能性があるということだ。

 

なぜ、こんなことになっているのだろうか。

 

歴史をみてみよう。 

  

日本海小禄飛行場

1933年、旧日本軍により強制接収され小禄海軍飛行場が建設される。鏡水 (かがみみず) 地区から大嶺地区まで L字型の滑走路が構築された。

1936年、通信省と航空局が台湾と本土間の定期就航の沖縄基地として接収し軍民共同の空港として拡張される。

1942年、太平洋戦争の勃発により、管轄が海軍省にもどり「海軍小禄飛行場」に改称。

 

米軍が撮影した小禄基地

f:id:ospreyfuanclub:20210820032447p:plain

5M3A - 6 撮影 1945年01月02日 「国土地理院の空中写真」より

 

そして、6月4日、米軍が小禄半島に上陸。小禄の戦いが始まる。

 

1945年6月4日 『米軍、小禄半島に上陸』f:id:ospreyfuanclub:20210211070642p:plain

https://www.ibiblio.org/hyperwar/USMC/V/USMC-V-II-9.html 

 

米軍 那覇基地 (Naha AB)

1945年6月4日、米軍が小禄に上陸する。小禄の戦いが始まる。

1947年、パンナムの就航が始まる。

1953年、米軍はさらに基地を東側に拡大するため具志地区に武装兵を出動させ銃剣とブルドーザーで49,500 ㎡を強制接収。あらたに那覇空軍・海軍補助施設を作る。

1950年代後半、ナイキミサイル基地として那覇サイトが構築される。

 

那覇空港

沖縄の返還は返還ではない。米軍基地が、そのまま自衛隊基地に移管されただけだ。

 

民間地として返還されたのはごくわずかの地所でしかないことに留意してほしい。

 

戦前、日本軍が強制接収し、米軍が更に銃剣とブルドーザーで強制接収して東側に基地を拡大した。それを「沖縄返還協定」という名で、自衛隊基地にまるごと渡した。これを「返還」というだろうか。日本軍の基地が増えて戻ってきただけだ。

 

沖縄の「本土復帰」から 50年。

結局増えたのは自衛隊基地だったということである。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■